岐阜のバランスボールインストラクターの日常と子育て

手伝って欲しいわけでも、解決したいわけでもない

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

今日はバレンタインデー

にもかかわらず夫とのケンカの話。。。

 

 

我が家はいつも同じところでつまずきます。

私が、その日一日子供と一緒で大変だった話をする

例えば、「今日、息子がうまくお昼寝できなくて1時間近く泣き叫んでいたんだよねー」とか

すると、夫からはこう返ってくるのです。

 

 

夫「俺はそんなときは抱っこしてあげるから泣き叫ばれることはないよ」

私「抱っこしてものけぞってマグロ状態だもん、抱っこし続けるのは無理」

夫「5分ぐらい立って抱っこしてればいいんだって」

私「・・・・」

夫「今だけだよ、こんな愚図ってる息子を抱っこできるなんて。かわいいじゃん」

私「・・・・・」

 

 

お分かりでしょうか?

私はそんなこと聞きたいのではないんです!

1歳の赤ちゃんが寝ぐずって泣くなんて当たり前、ってことは知ってるし

そこを解決して欲しいわけではないんです。

ましてや今しかない可愛らしさを夫に指摘されたくない!

「そうか、、それは大変だったね」

って言葉でいいんです。

もっと言うなら、

「育児って大変だよね、四六時中ごくろうさん。」

「息子がぐずってる中、ご飯の支度も大変だったでしょう。ありがとう」

「育児、家事に比べたら仕事なんて自分の裁量でできるから楽だよね」

なーんて言葉をかけてもらえたなら、、、

私だって

「ううん。そんなことないよ。大丈夫。あなたが働いてくれてるから今の生活があるんだし、あなたの仕事に比べたら大したことないわ」

って可愛らしく返せるのに・・・・

 

 

手伝ってくれなくてもいい

解決してくれなくてもいい

理解して認めてほしい

そこを求めています。

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。わかるわかるって共感してくれる人いませんか?
参考になる素敵なブログがいっぱいあります
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 子育てブログへ

この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2019 All Rights Reserved.