岐阜のバランスボールインストラクターの日常と子育て

閉鎖になった保育園の今?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

私の住む地域は保育園が基本閉鎖となりました。

 

 

保育園に預けられる家庭が限定されております。

医療関係やライフライン、治安維持などに両親とも関係する職業の家庭、

ひとり親家庭、

そして、どうしても仕事を休めない家庭、

以上のようです。

我が家は、夫が自営業、私がフリーランスで働いているため、

2歳と5歳の子どもは登園自粛中。

 

 

たまたま今日、施設長から急ぎの書類の提出を求められたので

私一人、保育園に顔を出したところ、

園児は通常の3分の1ぐらいになっていました。

これが、多いのか少ないのかは分かりません。

 

 

どうしても子どもを預かってほしい

と頼み込む親さんに対して

施設長が各家庭に個別に自粛を求める説明を行ったようです。

都会のオフィスではリモートワークが可能になってきているかもしれませんが、

岐阜市、、、、地方都市、、、

まだまだ難しいです。

会社がリモートワークを認めていなければ

会社を休むしかありません。

登園を自粛している3分の2の家庭の親さんたちは、

どちらかが、毎日無理に休んでいることでしょう。

仮に、リモートワークができたとしても、

未満児の子どもを抱えていては全く仕事はできません。

1歳、2歳児を目を離すわけにはいきませんから。

 

 

どうしても休むことができない家庭の親さんに対しては、

「子どもが感染するリスクがあることを理解した上で、預けてほしい」

といったような話がなされたようです。

近隣の幼稚園では児童がコロナウィルスに感染した

と報道されておりますし、保育園としては医療関係者の子どもも預かっているため

いつこの保育園もコロナウィルスが入ってくるか・・

という不安を抱えているのだと思います。

 

 

保育園を利用している共働き家庭では、

仕事を休んで子どもと家で自宅待機することも困難ですが、

仕事が休めず保育園に通い続け、コロナウィルスに罹患するかもしれない状況に子どもをさらすリスクを背負わざるをえない

親さんも辛いのではないでしょうか。

 

 

こういう状況になって

保育園のありがたみを一層感じます。

 

 

 

医療現場で働かれている方、本当にありがとうございます。やはり私にもできることは家にいること。お読みいただきありがとうございました
参考になる素敵なブログがいっぱいあります
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 子育てブログへ

この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2020 All Rights Reserved.