岐阜のバランスボールインストラクターの日常と子育て

肩の位置に気をつける?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

寒さを感じるようになりました。

寒いと肩を丸めて縮こまりやすいです。

 

 

実は、肩の本来の位置は、耳の後ろで引き下がったところ。

現代人は、デスクワークやスマホの操作で斜め下を見ていることが多く、

頭が前に出て、そのため首も前傾し、肩も前に出てしまいます。

のりのりバランスボール教室に初めて来られた方に、壁の前で真っすぐ立ってもらうのですが

普通に立ってもらうと、これまですべての方が、肩が前に出ている状態です。

 

 

そこで、正しい姿勢とともに、肩の本来の位置をレクチャーすると

「えー、結構がんばらないとこの位置に肩がこない!」

と驚かれます。

肩の位置は、肩こりと直結しますし、

何より、肩の位置を気にすることで

骨盤が立って正しい姿勢をキープできるので

肩の位置を気にすることはオススメです。

 

 

「骨盤が後傾しないように真っすぐ立てましょう」

と、姿勢を改善するためには骨盤の位置が重要になってくるのですが、

なかなか骨盤の向きを感じれる方はいらっしゃいません。

骨盤は普段あまり意識が及んでいない場所なので、意識して動かすこともあまりありませんし、

動かし慣れた方でないと骨盤の向きをスムーズに理解することは難しいかと思います。

 

 

そこで、肩の位置なのです。

肩の位置は鏡で見ても一発で分かるし、肩は動かしやすい、意識しやすい部位です。

肩の位置を耳の後ろで引き下げる

これをしようとすれば、必然的に前傾だった猫背の姿勢がすっと伸びます。

ここでさらに、おへそを内臓方向に引き込むように意識すれば

反り腰への対応ができます。

 

 

肩の位置が正しくなると、

肩こり解消につながるのはもちろんですが、

首が長くなって、小顔効果、デコルテが開いて鎖骨周りが美しくなります。

良いことづくめ。

来週の週半ばはもっと寒いらしい。

丸まらないように注意したいです。

 

 

 

壁に背を向けて立ったとき、

かかと、ふくらはぎ、お尻、頭がくっついた状態で肩の位置を確認してみてください。

肩もちゃんと壁にくっついていますか?肩をくっつけた状態で苦しくはないですか??

お読みいただきありがとうございました
参考になる素敵なブログがいっぱいあります
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 子育てブログへ

この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2020 All Rights Reserved.