バランスボールインストラクターの日常と子育てのブログ

簡単に骨盤調整をする方法?!

2019/09/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
アラフォー / バランスボールインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

バランスボールエクササイズで骨盤調整ができます。

骨盤は、上半身と下半身とつなぐ重要な部位です。

近年、骨盤矯正、骨盤ベルト、骨盤ダイエットという言葉があふれているように

骨盤の重要性が着目されるようになりました。

 

 

レッスンではバランスボールに座り、骨盤を動かすエクササイズを毎回取り入れています。

ボールで弾みながら骨盤を左右に振ったり、前後に動かしたりします。

意識して左右に振ると

右は動かしやすいけど左は動かしにくいなど

右と左のふり幅が違うことに気づきます。

人間の身体なので完全に左右対称になることはないですが、

骨盤が歪んでいると左右の動かし方に差がでます。

足を組んでいたり、横座りしていたりなどの日常生活の癖が骨盤の歪み・ねじれにつながります。

 

 

日常の生活の癖を直すことも大切ですが、

骨盤を前後、左右に動かすことで、骨盤の歪みに気づき、

動かしにくい方をあえて多めにエクササイズし、歪みをリセットすることができます。

また、骨盤バウンスエクササイズは、骨盤調整力があるほか

シックスパッドの腹直筋や、くびれに大切な腹直筋を鍛える効果もあります。

シェイプアップにも欠かせないエクササイズです。

 

 

ちなみに、バランスボールがなくてもお家で手軽にできる骨盤調整には

骨盤ウォークが有効的です。

足を伸ばした長座になり、手は胸でクロスさせます。

そのまま骨盤を左右に振りながら10歩前進、10歩後進

胸の力で前にでるのではなく、骨盤を動かして進むようにします。

1日5往復ほどウォークすると効果的です。

 

 

女性は、月経があったり、妊娠・出産があったりと骨盤の変化が大きいです。

整体などで一時的に直しても、腰回りの筋肉がないとまた戻ってしまいます。

エクササイズで適度な筋力をつけつつ、骨盤ケアをしていきたいですね。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました
参考になる素敵なブログがいっぱいあります
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 子育てブログへ

この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
アラフォー / バランスボールインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2019 All Rights Reserved.