岐阜のバランスボール&ピラティスインストラクターの日常と子育て

息子とお別れの歌と差別と戦争??

 
この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

7歳の娘と4歳の息子がいます。

息子の通う保育所は明日が卒所式。

在所児は年長さんに向けて「ともだちになるために」という歌を歌います。

その歌、息子はまだ歌詞が完璧ではないらしく、

途中歌詞が分からなくなると小声でフンフン言っているだけww

3年前、娘は息子と同じ年少のときにはバッチリだったのですがね。。。

 

 

でも息子、

ブロックとかレゴ、アイキャッチの写真のようなマグフォーマーなどは

とても得意でササッと自由に組み立てて遊びます。

逆に娘は、箱に書いてあるものや説明書に載っている作り方しかできません。

 

 

同じように育てても異なる能力で

これが性差なのか個人差なのかは分かりませんが

あまりに違うので面白いです。

 

 

男女の差といえば

こちらの児童書↓↓↓↓


わたしは女の子だから 世界を変える夢をあきらめない子どもたち [ ローズマリー・マカーニー ]
 

大人の私が読んでも愕然とするような現実が書かれています。

子どもたちは、

「なんで?どうして?女の子だと学校に行けないの??」

と娘も息子も最初は声を上げていましたが、内容が厳しくなるにつれて無言・・・・

 

色んな国があって

色んな文化があって

色んな差別がある

2022年の今でも。

 

私は子どもたちにうまく教えられませんから

まずは事実を伝えることだけでも

と思い、読み聞かせています。

 

 

息子が練習中の「ともだちになるために」の歌の中には

どこのどんな人ともきっとわかりあえる

という歌詞があります。

男でも女でも

能力が違っても

肌の色が違っても

国や民族が違っても

今、戦争をしているあの国とも??

ミサイルを打ってくるあの国とも?

分かりあっていけるのかな。

それとも国と国になると分かり合えないのかな。

 

 

もう一つ

誰かを傷つけても幸せにはならない

という歌詞。

歌っている息子にずっと覚えておいてほしい言葉です。

 

 

 

とりとめのないことをつらつらと、、、まとまりがなくてすみません。お読みいただきありがとうございました
参考になる素敵なブログがいっぱいあります
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 子育てブログへ

この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2022 All Rights Reserved.