岐阜のバランスボール&ピラティスインストラクターの日常と子育て

小2の個人懇談で受けた多数の指摘?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

現在小2の娘が通う小学校で夏休み前の個人懇談がありました。

 

 

担任の先生と私との1対1。

先生から、娘がクラスの友だちと仲良くやっていること。クラス行事を楽しんでいること。グループ活動では友だちの意見も受け入れて進めてられていること。

など一通りの娘の学校生活を教えてもらった後、

学力の話に移りました。

 

 

娘の書いた国語のプリントを指し示されて、具体的に色々言われたのですが、まとめると

「2年生では、読解だけでなく理解して自分の想いを表出することが求められています。

娘さんはここが課題です」

といった内容でした。

先生の言葉そのまま書きましたが表出(ヒョウシュツ)って・・・一般的に口語表現で使うか?!

 

 

うーん。。。

なかなか難しい・・・

というか、私は2年生の段階から学力のことを指摘されるとは思っていなかったので

びっくりしました。

ハッキリ言って小学校の時分なんて楽しく学校に行ってくれればいい

と思っていたからです。

 

 

正直、宿題すら放置でした。

娘は真面目なタイプなので、‟やらない” ということはない。

と思っているし、基本毎日学童でやってきているので

安心しきっていました。

算数はひっ算なども始まって、まる付けも求められていたようなのですが

私、一切まる付けしていない・・・・

ヤバイ親だと思われているでしょう、、、

そろそろちゃんと見ないといけないかな。

 

 

その他先生からは、「計算はできます」

私の心の声(そりゃそうでしょう。そろタッチやってますから・・)

先生「かさの単位や時間も問題などは理解していますし、できますが、回答が遅いです」

心の声(とりあえず分かっていればいいよ)

先生「周りの友だちに教えてもらったりしています」

心の声(それでいいじゃん。学校なんだからみんなで学べば)

先生「とりあえず毎日がんばって手を挙げているので意欲はあります」

心の声(娘が発表できるなんて十分すぎです)

 

 

すごーーく真面目そうな30代の男の先生。

なかなかお勉強には厳しいようです。

もし、私がプライベートで出会っていたらツッコミどころ満載で

いじり倒したくなるようなキャラかな。(先生、ゴメン)

嫌いなタイプではありません。

学校一多いクラスで33人もいて

よく一人ひとり見てくれている先生だなー

と感心もします。

 

 

以上、娘の個人懇談でした。

次は秋にあるのかな??何を言われるのか楽しみです。

 

チャラい適当な親だな、、と思われていると思いました。。。お読みいただきありがとうございました
参考になる素敵なブログがいっぱいあります
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2022 All Rights Reserved.