岐阜のバランスボール&ピラティスインストラクターの日常と子育て

子どもの睡眠からの完全解放と夫への恨みつらみ?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

7歳の娘と4歳の息子がいます。

以前の記事で、「あれ?寝かしつけってもういらなくない??」って気づいてから約1年。

あしかけ7年!寝かしつけ卒業?!

 

 

7歳の娘は20時半ごろ

歯を磨いて、目薬をして、「おやすみ」とひとりで寝室に行きます。

4歳の息子は保育所で昼寝をしていることもあり、姉より眠くなるのが遅く

姉が寝た後もしばらくリビングで遊んでから

私が歯を磨いてやり「そろそろ寝ようか?ママは洗濯物を干してから寝るから先に布団に入ってて」

と言うのが合図。

トイレに行って1人で寝室のある上の階へ上がって行きます。

 

 

1時間後ぐらいに寝室を覗くと

娘と息子は並んで寝ています。

おそらく先に寝ていた姉の隣に弟が潜りこんで寝たのでしょう。

 

 

朝は、「起きてーー!!朝だよ!!」

と声を掛けると起きます。

なかなか起きない日もありますが、泣いたり愚図ったり、

ということはありません。

 

 

子どもの睡眠に関わらなくてよいというのは、

「あー、楽!!めっちゃ楽!!ついに解放された!!」

という気分です。

乳幼児期におけるママのストレスって

子どもの睡眠に関わることが多くないですか??

 

 

「なかなか寝ないのー」

「昼寝しなくてー」

「朝寝っていつまでしてる?」

「夜の寝かしつけがうまくいかない・・・」

「寝たと思って離れると起きるー」

こんな言葉が子育てサロンやSNSであふれています。

食の悩みと睡眠の悩みは2強!

 

 

我が家、ついに夫が寝かしつけをやってくれることは

ありませんでした。

私が外出していないときだけ。

「寝かしつけくらいやってくれればいいのに・・・」

と思っていた過去が苦々しく思い出されます。

 

 

「たまには、寝かしつけ代ろうか?」という声掛けが欲しかったよなー

やっぱり。。。

子どもの睡眠と食についてノータッチだった夫。

時が経ってこの問題からは解消されましたが、

夫への恨みが消化されることはないんだろうなー

 

 

ただ、今でも納得できませんが、

「世の中や夫について全てに納得がいかなくてもいいもんだ」

と思えるぐらいには私も成長しました。

 

 

 

 

誰もがうらやむ夫婦の紆余曲折の歴史が綴られています。考え方が素敵↓↓↓↓


しあわせのつくり方 [ 引田 かおり ]
 

 

お読みいただきありがとうございました
ブログ村に参加しています。下のバナーをクリックいただけると更新の励みになるのでうれしいです
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2022 All Rights Reserved.