岐阜のバランスボール&ピラティスインストラクターの日常と子育て

姿勢を改善し、くびれを作るコツ?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

姿勢改善とウエストくびれを作るために

日常生活で意識するポイントは、

『腸骨と肋骨の間を引き伸ばす』

です。

 

 

肋骨を両手で挟みます。

肋骨の丸みを手で触ってみましょう。

一番下の肋骨のさらに下が脇腹と言われているところです。

ここからさらに下の腸骨(腰骨の出っ張り)までの距離を引き伸ばしたいです。

手で触ると骨がなくふにゃふにゃっとしているところ。

浮き輪なんて表現されることも、、、

 

 

骨盤が後傾した猫背の人は、この肋骨と腸骨の間が狭く潰れています。

これではくびれはできません。

立っているとき、座っているとき

肋骨と腸骨の間を引き伸ばすように意識します。

肋骨と腸骨の間=脇腹と言われているところの深層に腹横筋があります。

脇腹を伸ばして腹横筋を使えるようにしていきたいです。

 

 

肋骨と腸骨を引き伸ばす姿勢をとるとき

注意したい点が、反り腰にならないようにおへそを引き込むことです。

伸ばすつもりで反り返ることがないように気を付けます。

両手を使って肋骨と腰骨に手を当ててジワリと引っ張っても良いです。

また、背伸びも有効です。両手を頭上に伸ばして伸びます。これも反り腰にならないようにおへそを引き込みながら行います。

 

 

レッスンではさらに筋膜リリースで腹横筋を刺激することも行っています。

過去のくびれ記事も良かったら見てみてくださいね。

くびれのあるウエストを作るには?!

 

 

「今更くびれなんてーー」

と思われる方もいると思いますが、

くびれを作ることは、内臓機能を活性化することでもあります。

内臓をあるべきところにとどめておくために

本来くびれがあるのです。

正しい筋がつくと、正しい骨格になり、姿勢は改善、くびれもできます。

筋肉に年齢は関係ありません。私はアラフォーになって筋力がつき、くびれも見えるようになりました。

 

 

 

やせるだけではくびれはできないんです お読みいただきありがとうございました
ブログ村に参加しています。下のバナーをクリックいただけると更新の励みになるのでうれしいです
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 子育てブログへ

この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2021 All Rights Reserved.