岐阜のバランスボール&ピラティスインストラクターの日常と子育て

夫への気持ちが折れた瞬間?!過度に子どもの肩を持つパパに注意

 
この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

前回ちょっと書いたのですが

夫とケンカ中です(40代、やっぱり産後の恨みは一生?!

このブログでは赤裸々すぎるほど私生活が出ているので

私の捌け口のようになってしまっています。

嫌な方は以下、閲覧しないでくださいね。

 

 

今回のケンカ・・というか私がの心が折れた事の発端は、

娘の登校の付き添いです。

娘の通う小学校は集団登校がありません。ビビリの娘は1人で登校できませんので、親が付き添っています。

最近は夫がついて行くことが多いのですが、その日は夫が行けないとのことだったので私が行くことに。

ただし私は、朝は洗濯やら朝食の片付け、息子の保育所への準備と送迎があります。

娘がいつもパパと家を出る時間には難しいことを娘に伝えていました。

「ママに早く早くと急かすなら1人で登校してね」

と事前に娘に伝えていたほどです。

にもかかわらず娘はいつもの時間に靴を履いて玄関前で待っていました。

私は、家事の合間に出かける準備をして、さらに3歳の息子を1人で家に置いて出るわけにもいかず、

息子に遊びをやめて外に行くよう促していました。

そんなとき、階下から

夫が私に向かって「なにしてる!娘がずっと待ってる!!」と怒鳴ってきたのです。

 

 

その瞬間です。

私の気持ちが折れのは。

 

 

どってことない日常の一コマでしょう。

こんなことで折れるなんて

と思われるかもしれません。

「娘を待たせるお前が悪い

だから俺が責められるのは論点がズレている」

と後から夫と言い争いになったとき言われました。

 

 

確かに

娘を待たせた私が悪いのは一理あるかもしれない

でも論点がズレていようと、この瞬間夫への気持ちが折れたのは

これまでの似たようなことの積み重ねがあるからです。

娘と私とのことで100%娘の肩を持つ夫。

夫は娘のためを思っているのだと思います。

でも私は?私のフォローは??

あのとき私が欲しかった言葉は娘に対して

「ごめんね、パパが付いて行かなくて。ママ、今準備してるからもうちょっと待っててね」

です。

それどころか全く私のことなど眼中にない発言。

娘の前で私を怒鳴る行為、馬鹿にする発言…

これまで何度もありました。

本人の自覚はないでしょう。

 

 

パパが子どもにママの落ち度を言い、ママを大切にしない発言をすると

ママが当然不機嫌になります。

ママが不機嫌な家庭はうまくいかないのですよ!

ある先輩が、

子どもが生まれるときに、夫に必ず私の味方になるように約束させた

と言っていました。

彼女は賢明ですね。

子どもの逃げ場をなくすほどがあってはいけませんが、パパは子どもではなくママの気持ちを先に考えないと我が家のようになります。

 

 

 

さて、ここからは私の呟きです。

 

確かに昔は好きだった。

優しかったし、

大事にしてもらったし、

一緒にいて楽しかった。

幸せを感じた。

 

結婚してから

あの時の優しさを思い出しながら過ごしてきたように思う。

特にここ数年。

だからその思い出貯金が尽きたとき

ポキっと折れた。

 

そもそも夫は異常なほど忘れやすいので

過去の思い出なんて全く憶えていない人。

私が大事にしてきた思い出も

恐らく私を愛したことも記憶にないと思われる。

 

ま、いいんたけどさ

これからどう転んでいくのだろうか。

 

 

ここまで読んでくれた方、愚痴ブログにお付き合いくださりありがとうございました
参考になる素敵なブログがいっぱいあります
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 子育てブログへ

この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2021 All Rights Reserved.