岐阜のバランスボールインストラクターの日常と子育て

呼吸を味方につける?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
アラフォー / バランスボールインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

今の時期は夜明けが遅いので

朝日を浴びながらバルコニーでの胸式呼吸が習慣となっています。

胸式呼吸は交感神経が刺激されるので

やる気が出るし、朝日からはエネルギーを感じます。

夜は、寝付く前に寝転びながらの腹式呼吸です。

副交感神経が優位になり良質な睡眠を導きます。

呼吸は自律神経の唯一のコントロール方法である

その性質を利用した簡単な心のメンテナンスです。

 

 

バランスボールエクササイズにも呼吸法を取り入れています。

私のレッスンに参加された方は、筋トレ中

「え?ここで息吸うんですか!!!」とか、

「えー!!これ以上吐けない!」とか

そんな声が飛び交っています。

 

 

呼吸という当たり前すぎることですが、

意識的に行うと意外とコントロールが難しく、

エクササイズに盛り込むとエクササイズの難易度が上がります。

もちろんその分エクササイズの効果も倍増です。

 

 

呼吸のコントロール力が身につくと、

エクササイズの習慣が日常生活にINされるので

運動習慣をサボっても、バランスボールエクササイズをしない日が続いても

体型が大きく崩れることはありません。

 

 

以前の記事で紹介したドローイングバウンスも呼吸法を活用しています。

ドローイングバウンスでお腹をスッキリさせよう

レッスンで、インナーマッスルを締める動作を、息を吐きながら繰り返すうちに、

日常生活でも息を吐いたときにインナーマッスルが締まる習慣が自然と身につきます。

 

 

「生涯続く呼吸」

これを上手に使って味方につけることは、

心身ともに健やかである近道となりますよ。

 

 

お読みいただきありがとうございました
参考になる素敵なブログがいっぱいあります
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 子育てブログへ

この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
アラフォー / バランスボールインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2020 All Rights Reserved.