岐阜のバランスボール&ピラティスインストラクターの日常と子育て

余韻に浸りたくなるほどのキャンプ?!【すぎのこキャンプ場】

2021/09/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

ぎふ子ども劇場のキャンプでした。

12日でしたが、本当に楽しいキャンプで

帰って来てからも家族で「楽しかったねー」と余韻に浸っています。

 

 

今回、大人25人、子ども26人が参加したぎふ子ども劇場のキャンプは、

コロナ禍ということもあって打ち合わせから本当に難航しました。

最終的には、

料理はしない。食事は完全に家族単位。親同士のアルコール摂取は禁止。

を遵守したキャンプとなったので

実は私的には

(みんはで行く意味あるかな??)

(家族で行くキャンプと一緒じゃない??)

(ウチの子たちみんなと楽しむことができるのかな??)

と思っていました。

 

 

ですが、結果として

最高でした!!

BBQはできなかったですが、火おこしは行いご飯は炊きました。

その炊き方は工夫して、当日竹林から切ってきた竹を使って竹ご飯です。

切ってきた竹に穴と蓋を作ります↓↓↓↓

お米は子どもたちが研ぎました↓↓↓↓

薪を燃やして炊きます↓↓↓↓

できあがり↓↓↓↓

初めての試みでしたが

木の香りがするホカホカの美味しいご飯でした。

 

 

ご飯以外は、家族でそれぞれレトルト食品を準備してきたものを

湯せんして食べたのですが、

防災袋を使ってこんな蒸しパンも作りました。

よそのお母さんに習って娘も作っていました↓↓↓↓

ホットケーキミックスと水と菜種油を袋に入れてモミモミ

湯せんしてできあがり↓↓↓↓

私はこの味が気に入って、朝も作ってもらって食べました。

 

 

キャンプファイヤーや花火、スイカ割りもやりました。満天の星空の下に寝転んでみんなで流れ星を観察したり・・・

キャンプでBBQができないと楽しくない

と思っていたのは大人だけ。

集団で行うキャンプの良さは、家族でできないことばかり。

BBQなんて家族でもできるもんね。

子どもたちは学校や幼稚園などのいつものメンバーから離れて

異年齢の集団の中でグッと成長。

親だけでは与えられない経験を吸収したキャンプとなりました。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました
参考になる素敵なブログがいっぱいあります
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 子育てブログへ

この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2021 All Rights Reserved.