岐阜のバランスボール&ピラティスインストラクターの日常と子育て

デイキャンプからピクニック?!コロナ禍の公園選び【谷口水辺公園】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

先週キャンプに行った【TACランドいたどり】の川がちょっと流れが早くて

我が家の子どもたち向きではなかったので

夫が今年最後の川泳ぎをもう一度したい!!

ということで、同じ板取川のキャンプ場【川瀬見】に行こうと言い出した昨日の日曜日。

 

 

しかし、日曜日は朝から晴れていたものの、キャンプ場に電話すると

前日の雨の影響で川が増水していて川には入れない・・・

と言われてしまい、急遽【谷口水辺公園】のじゃぶじゃぶ池で遊ぶことに予定変更です。

ちなみに、【川瀬見】のキャンプ場はテントを張ってBBQはできるものの宿泊はできないキャンプ場です。

8時半ごろ、デイキャンプの予定で出発していました。

 

 

予定変更した【谷口水辺公園】は、板取川周辺のキャンプ場に行くときにいつも通りがかっていた公園です。

遊具も何もない河川敷の広場のようなところですが、人口のじゃぶじゃぶ池が噴水と一緒にあり、

いつも横目で見ながら、子どもたちとのんびりするにはいい所だな

と思っていました。

 

 

10時前に到着すると、ほとんど人もおらず貸し切り状態で遊べます。

11時頃から人が増えてきました。

我が家は、人が増えてきた頃はタープ下で持参したお弁当を食べたり虫を捕まえたりして過ごしました。

大抵の人は、小さい子ども連れだからか、わりと短時間で帰ります。(日影が全くないので暑さもあると思います)

我が家のようにタープまで張って長居する家族はレアでしたww

川瀬見に行くつもりだったのでコンロや肉も持って行きましたが、火気厳禁の公園だったので火は使いませんでした。

おにぎり弁当と唐揚げとお菓子とビールでのんびりです。

時期的にトンボが沢山飛んでいて、息子は夢中で追いかけまわしていました。

ため池のような自然の川辺には、ヤゴも見ることができます。

 

 

タープがあれば快適に過ごせる公園。

これからの季節は涼しくなるのでポップアップテントでも良いかもしれません。

遊具がないので子どもたちが遊具に群がることもなく

人が増えても水辺が長いので混雑するほどではなかったので

コロナ禍にはぴったりの公園かなと思いました。

のんびり過ごして、15時半ごろ撤収して帰ってきた我が家です。

 

 

我が家のタープはコレ↓↓↓↓

FIELDOOR ヘキサ タープ T/C ポリコットン Mサイズ 440×470cm 【カーキ】 収納 キャリーバッグ+ロープ+ペグ+アルミ自在金具付 4〜6人用

夫のこだわりでポールはコチラの木製のものを使っています↓↓↓↓


タープポール テントポール キャンプ タープ アウトドア 木目調 Φ32mm 2本セット 収納ケース付き ロープ4本付き 軽量 アルミ テント ゴムキャップ 日よけ シェード yct viaggio+

 

【谷口水辺公園のスペックと感想】

・駐車場、トイレは完備

・車で行きやすい

・火気厳禁のためBBQはできない

・じゃぶじゃぶ池は、深さが足首程度なので未就学児がメインですが、

噴水や自然のため池のような川も引かれているところがあるので小学生でも楽しめます

・小魚や虫取りができます

・泳ぐことまではできません。水辺に寝転ぶ程度です

・日影が全くないので日よけが必要。真夏はとっても暑いので長居したければタープが必須です

・オートキャンプ場ではないので、車の隣にタープが設置できるわけではありません

・車からカートに装備品をいれて水辺まで運ぶ必要があります

・広い芝生があるのでフリスビーやボール遊びもできそう

 

 

お弁当持参で調理しないピクニックも楽でいい!!お読みいただきありがとうございました
ブログ村に参加しています。下のバナーをクリックいただけると更新の励みになるのでうれしいです
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 子育てブログへ

この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2021 All Rights Reserved.