岐阜のバランスボールインストラクターの日常と子育て

インナーの筋力の弱さが骨盤のゆがみを引き起こす?!

2020/10/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

先日、柔道整復師の先生方とお話しする機会がありました。

 

 

そこで聞いたのは、

腰や肩、首、膝などの痛みは

ほとんどが

骨盤の歪みから

筋肉の硬さへ

各所の痛みにつながる

というお話しでした。

 

 

では、なぜ骨盤の歪みにつながるか

というと

体幹の筋力の弱さ

だそう。(体幹=インナーマッスル)

 

 

一連の話は、私もエクササイズの講師として

学んできた内容だったのですが、

何百人もの痛みの治療に携わってきた方々から聞くと

現代人のインナーマッスルの弱さは

当たり前になっているのだと

痛感します。

 

 

私自身も幼い頃は当たり前だった

和式トイレは見かけなくなって

こたつテーブルで正座をして食事していたのが

ダイニングテーブルに変化して

移動手段は、車か電動自転車。

 

 

車のシートやソファーも楽に座れるものに進化しています。

人をダメにすると名がつくソファーやクッションは、

筋力を使わずに座ってしまうので体幹力は弱まり

骨盤の歪みを引き起こし、

本当に人をダメにしてしまうかもしれません。

 

 

整体やカイロプラクティックなどで

骨盤の歪みをせっかく直しても

インナーマッスルがユルユルでは正しい骨格をキープすることはできません。

弾力のあるバランスボールは体幹を鍛えるのにもってこいの道具です。

バランスボールエクササイズは、

現代人の日常生活では使われにくくなってしまったインナーマッスルを強化する絶好のチャンス。

 

 

肩こり、腰痛、首や膝の痛みが出る前に

エクササイズの習慣をつけて、インナーマッスルを強化し、骨盤の歪みを防ぎ、日常生活で正しく筋力を使えるような身体を目指します。

柔道整復師の先生方とお話ししながら

改めてバランスボールエクササイズを普及させる意義と使命を感じました。

 

 

 

使命だなんて大げさかもしれませんが、私はエクササイズのインストラクターなのでエクササイズを通じて健康な笑顔のお手伝いをしていきたいです。  お読みいただきありがとうございました
参考になる素敵なブログがいっぱいあります
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 子育てブログへ

この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2020 All Rights Reserved.