岐阜のバランスボールインストラクターの日常と子育て

それぞれお母さんたちの苦悩?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

感染症対策をしながら少人数でエクササイズを

のりのりバランスボール教室で行っているのですが、

様々な年代のお子さんをお持ちのお母さんたちの

コロナ禍のお悩みを聞きます。

 

 

【大学生のお母さん】

・大学は全てWEBなのに学費満額でゾッとする(ほんの一部返還される大学もあるそうですが)

・WEB授業だけれど、下宿先を引き払うわけにもいかず、下宿代も仕送りが続く日々

・せっかくの大学生なのにサークル活動もなく、大学にも行けず、な状態でかわいそう

 

【高校生のお母さん】

・雨が降ると満員バスになるから自家用車で送ってあげなきゃいけない・・・

・授業が遅れていて受験が心配

 

【中学生のお母さん】

・短くなった夏休みに部活が入っていて、家族と楽しむ時間がない

・修学旅行がなくなりそうでかわいそう

 

【小学生のお母さん】

・夏休みが短くなったので、真夏の日々に通学することになるのが心配

・毎日6時間授業で土曜日授業も増えて子どもの負担が大きい

 

どれも共感できるお悩みです。

全く

やっかいなコロナ(泣)

 

 

我が子は現在、保育園児で来年小学生。

今現在コロナの影響としては、年長さんの最後の行事が次々と中止になっていることくらい。

先日、娘とこんな会話をしていました。

娘「小学生になったらコロナ無くなってるかなー?」

私「コロナ無くなってなくても小学校はあるから大丈夫だよ」

娘「えー、マスクして喋られなかったら友だちできないじゃん」

私「!!・・・・そうだね・・・」

 

 

娘は現在通ってる保育所の同級生とは違う小学校へ通うことになります。

全く友だちゼロから始まるので、

コロナの状況でマスクしておしゃべり禁止だとしたら

親として切ないです。

 

 

コロナ禍で子どもが不自由していることに

胸を痛めるのは、どの年代も同じですね。

なんとか早く収束はできなくても、特効薬やワクチンができないかな。

このままだと東京オリンピックも

お・し・ま・いDEATH!

になっちゃいそうです。。。

 

 

ふざけている場合ではありませんが、いやー半沢直樹おもしろいですね!お読みいただきありがとうございました
参考になる素敵なブログがいっぱいあります
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 子育てブログへ

この記事を書いている人 - WRITER -
ノリ
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2020 All Rights Reserved.