岐阜のバランスボール&ピラティスインストラクターの日常と子育て

お尻のエクササイズが最強説?!

2021/11/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

こんにちは、ノリです。

エクササイズのインストラクターになって、色々と学び、自分で研究し

試してきました。

その中で、美と健康にはお尻のエクササイズが最強!!

という一つの結論にたどり着きました。

 

 

たくさん、たくさん理由があるのですが、

例えば、、

 

お腹ぽっこりをなんとかしたい

ハイ!お尻のエクササイズでお腹もへこみます。

 

骨盤整えたい

骨盤を支えている筋肉がお尻です。

お尻強化しましょ。

 

後ろ姿の老化をなんとかしたい

後ろ姿はヒップアップで解決します。若々しい後ろ姿をつくりましょ。

 

体重が減りません

お尻の筋肉をつけて代謝を上げましょう。

筋肉は20代後半から自然と減少します。お尻は筋肉量の多い部位ですから真っ先に減少し、代謝が落ちるのです。なので、年齢とともに体重は減りにくくなるのです。

 

美脚になりたい

お尻の筋トレが有効です。

 

ウエストのくびれがほしい

お尻の筋力を高めることで、ウエストにくびれをつくる骨盤底筋も強化されていきます。

 

生涯歩けるからだがほしい

筋力は下半身から落ちていきます。生涯、弾力のあるお尻を作っていきましょ。

 

腰痛を改善したい(座骨神経痛、股関節痛、膝痛も同様)

一般的な腰痛はお尻の筋力が使えていないから引き起こります。お尻の筋力を高め、お尻の機能を回復させましょ。

 

姿勢の悪さを改善したい

姿勢の悪さは骨盤からきています。

その骨盤を支えているのがお尻の筋力です。

骨盤を正しい位置でキープできるお尻の筋力をつけましょ。

 

 

お尻の筋肉は減りやすいけれど

実は、筋力アップしにくい部位でもあります。

ウォーキングなどでは難しいのです。

昔の人は、和式トイレで毎日何回もしゃがんだり、しゃがんで行う農作業、ぬか床を毎日しゃがんでかき混ぜたり、、など

今はほとんどない日常生活でお尻の筋肉を使う動作がたくさんありました。

ですから私たち現代人は、エクササイズでお尻の筋力を保たなければならないのです。

 

 

ただし、がむしゃらにお尻の筋トレをやってしまうと、エクボができるような四角いお尻になってしまいます。

弾力がある丸いお尻を作ろうと思うと

闇雲に鍛えるのではなく、エクササイズにコツがいります。

そのコツとは、お尻の筋トレ前に股関節をよく動かすこと

と、筋膜リリースなどによって筋膜を整えてから行うことです。

お尻のエクササイズは決してきつくてしんどいエクササイズではなく

緩くても絶大な効果を発揮するので、上記のコツをうまく利用して強化していければ

比較的短期間で分かりやすく変化します。

 

 

 

のりのりバランスボールでもお尻に特化したメニューもあります。

興味のある方、お問合せくださいね ➡ お問い合わせ

お読みいただきありがとうございました
ブログ村に参加しています。下のバナーをクリックいただけると更新の励みになるのでうれしいです
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
にほんブログ村 子育てブログへ

この記事を書いている人 - WRITER -
バランスボールインストラクター / ピラティスインストラクター / 体力指導士/産後指導士/指導士養成講師/アラフォー / 5歳、2歳子育て中

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© のりのりバランスボール , 2021 All Rights Reserved.